勉強の効率を上げる方法

勉強の効率を上げる方法

勉強とはいかに効率良く、要領良く脳に情報をインプットできるかどうかの作業です。
効率の悪い勉強方をダラダラと長い時間をかけてやる事は時間の無駄でありモチベーションの低下をも招くことになりかねません。
そこで誰でも簡単にできる勉強方を紹介します。

それはズバリ「音読」です。

脳は受けた刺激が大きいほどより記憶する性質があります。
黙読は目からの情報しか入ってきません。
比べて声に出して音読を行なった場合、目からの情報だけでなく喉や口、そして自分が発した声を耳からも聞く事になります。
それだけでも脳は二倍以上の刺激を受けている状態になるのです。
さらに立って音読することにより刺激は増加しますし、1番のオススメは書き写しながら音読する事です。
ネットなどで検索してもらえればわかると思いますが音読は脳の活性化やボケ防止など脳に様々な良い影響を与える事がわかっています。
国語が苦手な小学生のお子様がいらっしゃる方は国語の教科書を1日に一回大きな声で音読させてみてください。
1ヶ月も真面目に続けることができたら次の国語の文書問題はほぼ満点に近い点数を取ることができるはずです。

「音読」は誰でも簡単にできる素晴らしい勉強方なので習慣化する事を強くお勧めします。