受験における本当の平等って何でしょう

受験における本当の平等って何でしょう

中学3年生の息子の母です。
当方は北海道のため、内申書の成績が中学1年生の3学期と中学2年生の3学期も使われるシステムとなっており、受験生になる前から熾烈な競争にさらされております。

そのため小学生の頃から塾に通わせ勉強させてきたのですが…。

息子の通う学校の成績をつける基準が、定期テストで50%、提出物と授業態度で50%という話しを聞いて驚きました。
息子はテストで点を取っても消極的な性格で文章も苦手なため、なかなか成績を上げられないでいます。

実際、塾の先生からもテストの点からいうと成績が低いし、テストの総合点で息子より100点以上下回っている子でも息子より成績が良いと聞かされました。
しかも隣の中学校では定期テストを80%で成績に反映させると聞き、その基準がすぐ近くの学校とも違う点にも驚かされます。

息子の学校で成績上位の子が、全道の模擬試験では全然点が取れないと聞くと、成績をつける基準がおかしいのではないかと思ってしまいます。

通う中学校で成績を付ける基準が全然違うのに、受験の際には一律同じ基準にならされるシステムはフェアではありません。
塾に通える家庭と通えない家庭の子の格差を無くすためのやり方らしいですが、これが平等なのでしょうか。

本当の学力って何だろう、高校受験って何だろう…といつも悩んでいます。