基礎をしっかりと積み重ねての学習

基礎をしっかりと積み重ねての学習

効率の良い勉強方法について書いてみます。
もちろん、個々の実態において違ってくるものであるとは思いますが、「考える力が大事である。」とか、「文章を書く力や読む力が大事である。」とか言われておりますが、もちろんこれらは、とても大事なのですが、やはり、基礎は覚えることが必要であると思います。

よく学者が「ひらめく。」と言いますがそれは、積み重ねの上になりたつものであると思います。
たとえば、歴史のような学習においては、やはり、各年代のおおまかな流れは、頭の中においてからの学習でなければならないと思います。
それが、判っていることにより、なぜそのような歴史の流れになったのか、これからどんなことが起きるのかを推測できるのだと思います。
英語などでは、リスニングや会話が大事と言われておりますが、もちろんそれも大事ですが、他国の文章を読んで、それについて考えるなどの学習となるとあるていどの単語や文法の知識は必要となります。
確かにパソコンやスマホでなんでも調べられる時代ではありますが、人間が長い間に手に入れた知識を土台にしなければ学習は、大変困難なものとなるでしょう。
昔から行われている漢字練習や単語練習、そして年代の暗記、数式を覚えること、など基礎を地道にしっかりと積み重ねることが本当の力として、受験にも社会生活にも必要であるとおもいます。