勉強で漢字や人名を正確に記憶するためのコツ

勉強で漢字や人名を正確に記憶するためのコツ

勉強に最も必要なのは、記憶力です。
特に、国語の漢字や歴史の人名や地名など、受験を成功させるためには、非常に多くの知識を頭に入れなければなりません。
そのためのコツは、ひたすら書くことです。
漢字、人名などは、ノートに10回以上書くことで、自然に手が覚えていきます。
目で見るだけの作業と、手で書く作業では、格段の差があります。

手にマメができるほど、書いて覚えることが重要です。
また、歴史の年代を習うときに、多くの人は語呂で覚えたことがあると思います。
さらに一つコツがあるとすれば、リズムで覚えることです。
例えば、人口の多い都市を順番に、東京、横浜、大阪、名古屋…というように、まるで呪文を唱えるように、リズムよく口に出して覚えます。
これは非常に効果的で、私は小学生のときから塾に通い、中学受験をしましたが、何十年経った今も、その時に習ったリズムで記憶しています。
世界史では、カタカナで人名や地名を覚えなければなりませんが、カタカナはなかなか頭に定着しません。
特に、10字を超える長い人名は、どうしても混乱してしまいます。
その場合は、細かく区切って、自分なりの規則を作ったり、日本語の近い発音に似せることで、頭に入れていくと、整理がしやすくなります。